紹介
       
         
      梵鐘    
      (元禄三年銘)    
本尊 聖観世音菩薩
 
    (聖徳太子 御作)        
                 
           
         
      涅槃図    
           
    鈴木正三 肖像        
                 
  涅槃像
       
   
         
     恵美押勝の反乱を鎮めたのち、孝謙天皇は百万基の小塔の造立と、塔内に納める陀羅尼経の印写を発願された。東アジアの造塔史の上でも顕著な事業である。百万塔は当時の十大寺に十万基ずつ納賜されたが、その多数を今日まで伝えたのは法隆寺のみであった。この三十塔はその一つで、表面は胡粉地で仕上げている。内部に納めた陀羅尼も年代の明らかな最古の印刷として珍重されている。
  百万塔  
  (奈良時代)  
       

Copyright (C) 2006 Kannonzenji All Rights Reserved.